So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

特殊な世界 [etc.]


毎日報道される日馬富士の暴行事件。
たとえ、貴ノ岩関に生意気な言動があったとしても、
鍛え上げた体を暴力に使っては絶対にいけない。

まして、日馬富士は酒癖が悪いと以前から有名だったのなら、
なぜ親方はじめ、協会も横綱に品格を求めていながら
それを普段から厳しく注意出来なかったのか。
結局、横綱は神様、横綱に物申すことが許されないというような空気、
横綱は絶対というような体質が、
こういうことを引き起こしているように思う。

以前、様々な不祥事、若い力士が死亡した事件までもあったにも関わらず、
またこういうことが起きた。
起きてはいけないのに、起きた責任は
日馬富士個人の問題だけではなく、
日本相撲協会の責任も大きく問われるべきだ。

協会も、いろんな取り組みをしてきたのかもしれないが、
結果、こういうことが起きているのは
伊勢ヶ濱親方の監督責任もあるが、
協会としての取り組みが甘かったと言われても仕方ない。


この事件が複雑化しているのは、
加害者と被害者が同じ組織にいる力士同士で、
加害者が被害者より身分が上の
横綱であるということ。

加害者と被害者の立場が同等であれば
ここまで複雑にはなっていないのではないか。

貴ノ岩関は被害者ではあるけれど、
相手は同じモンゴル人であり、
年上で、力士としても先輩で、しかも横綱。
もしかしたら、貴ノ岩自身も
事を大きくしたくない、しないほうがいいという考えはあったかもしれない。

でも、貴乃花親方が出来事を知ったとき、
相撲協会に報告する前に
貴ノ岩関と共に警察に被害届を出しているのは、
第三者に委ねないと、
横綱が起こした事件ということで、
その場にいた関係者も、相撲協会も
横綱を守る、庇うような動きになるのを
懸念して、弟子を守らなければいけない
という考えがあってのことではないか。

貴乃花親方は、自身も横綱の経験があり
横綱というものが、どんな存在であるかよくわかっているはずで、
また、協会の理事として、協会内部のこともよくわかっているはず。

立場的には被害者であっても、
いろいろな面で貴ノ岩関の方が圧倒的に弱い立場であるということは
容易に考えられる。
また、幼い頃からマスコミに追いかけられ続けてきた貴乃花親方は、
マスコミに対しても思うことがあるのだろう。

相撲界の中の独特しきたりや慣習、身分の違いがある、
様々なことが絡む中で、というのを前提で、この問題を見る必要もある気がする。


協会としては、まず、事を大きくして欲しくないと考えるでしょう。
でも、そういう内々で済ませようという考え、
変わらない体質に対する貴乃花親方の協会への不信感もあるのかもしれない。

そんな中で、実質、貴ノ岩関を守れるのは、親方である自分しかいないと
貴乃花親方も考えてるのではないか。

自身の相撲人生では泣いたことはないが
弟子の昇進では涙したと語られているし
我が子同様、本当に大切に育てて来たのだと思う。
その弟子が暴行されたら、相手が横綱だろうが許せないのは当然の心情だ。
それが普通の感覚であり、
今の時代、多少の暴力は当たり前、仕方ないとはいかない。


私は貴乃花親方のことはよく知らないけれど、
自身の中で、揺るぎない信念があって、
それが周囲の価値観と違うと、
もしかしたら周囲から孤立してしまうのかもしれない。
貴乃花親方も、もう少し柔軟に周囲と上手くやれたらいいのかもしれないが、
何が良いかは難しいと思う。
その辺は、私も似たところがあるので
理解できる部分がある。

本人は、自分の信念に基づいてやっているだけで、良かれと思ってやっていることでも、
周りの受け止め方が違うことがある。
それを本人が気付いていても、
言葉で説明するのが苦手だったり、
言葉で説明するのを自分の美学としない部分があると、
周囲からは誤解されやすいし、変人扱いされやすいのだ。

世の中には、上手く器用に立ち回り、出世する人もいる。
でも、自分の信念を曲げてまで出世したいと思わないし、
器用に立ち回ることができなかったり、
立ち回ろうと思わない、
そういう人もいる。
どちらが良い、悪いではなく、
それは、それぞれの生き方の姿勢の違いだと思う。

日本は特に、周囲と違うことをすると
協調性がないとか、頑固者だとか、変わってると言われて
みんなと同じじゃないとおかしいとか
周りに合わせるとか、空気を読むことが
大事にされがちな土壌がある。

そんな様々な背景があることも
考えながら、この問題を見てしまう。

何にせよ、時代が移り変わる中で
価値観も多様化していて、
一般社会とは違う、一般常識では計れない角界独特の慣習やしきたりの中にいる
力士、協会関係者たちが、今回のことをどう捉えて、
今後、どうしていくのか真剣に考えていかないと、
力士を目指す子どもが増えない=相撲の競技人口が増えないということに
繋がると思う。




それにしても、横野レイコ氏は
何故、あんなに協会寄り、協会擁護のコメントをするのか。
全く公平なコメントをしてない。
客観的な立場で話せないなら、
出てこないでほしい。



nice!(2)  コメント(0) 

変わらない体質 [etc.]


どの世界でもよく起こり得る証言の相違。

事実は一つしかないのに、
どうして異なる証言が出るのか、
明らかに誰かが噓をついていることになる。

何らかの意図があって、真実を語らないから混乱するのだ。

問題が発覚したとき、嘘は後々問題をさらに大きくするのは確かなこと。
企業でもどんな組織でも、
危機管理として、最初に誠実に明らかにすることが、
今の時代には求められるし、問題の早期解決にはそれしか無いと思う。

嘘が後にバレた時には、問題発覚時よりも
社会的イメージも悪くなるし、
さらに重い制裁が下ることになる。

事実は一つ。早く明らかにして、
当事者には妥当な処分をし、
二度とこのような事件が起きないよう
抜本的な改革を行ってほしい。

nice!(1)  コメント(0) 

過去の反省も教訓もない [etc.]


在日米軍の米兵による事件、事故が
後を絶たない。
特に圧倒的に沖縄が事件、事故の被害に遭っている。

日本政府は、自国の国民が幾度となく被害に遭い、
命の危険に晒されているというのに、
本気で抗議などしたためしがない。

沖縄という、永田町から遠い地で起きてるから、政府は他人事なのか。

「沖縄は日本じゃないのか!」
誰かが怒りを込めて訴えていたその言葉を
安倍総理、政府はよく聞くべきだ。

国民の生命と財産を守ると何度も言う安倍総理、
守られていない現実をしっかり見つめるべきだ。
アメリカを同盟国というならば、
対等の立場で、アメリカの間違いに対し
しっかり強く抗議すべきです。

もし、沖縄で起きてきたことが
全て東京で起きていたとしても
こんなに他人事のように対応するのだろうか。

また、米軍、アメリカ政府も
米兵たちが、米軍がこれまで沖縄で起こしてきた事件や事故を
もし、自衛隊員がアメリカで同じように何度も何度も起こしたとしても
黙っていられるのだろうか。
黙っているわけ無いと思う。

在日米軍、米兵は、何度、日本で同じ事を繰り返すのか。
何度、日本人の命を奪うのか。

人命軽視する人間に、人の命や国を守る資格など無い。




nice!(1) 

暴力は許されない [etc.]


また相撲界で起きた暴行事件。
しかも、事件を起こしたのが横綱という…
どんな経緯があったにせよ、
暴力は許されるものではない。

被害届が出されて当然、
貴乃花親方の判断は正しいと思います。
大ごとにしないように、と、うやむやにしないで良かった。

貴ノ岩関は両親が亡くなっているそうですが、
部屋で預かり、我が子のように育ててきた大事な弟子。
親方が守らないで誰が守るのでしょう。
命はひとつ。何かあってからでは遅いのです。

ただ、現場では他の人も何人もいて
皆、その事をずっと黙っていたというのは
どうかと思う。
隠蔽体質が変わってないと言われても仕方ないのではないか。

以前、若い命が失われたその反省と教訓はどこへ行ってしまったのか…

相撲界に関わらず、プロ、アマに関わらず
スポーツに暴力は必要ありません。



nice!(2)  コメント(0) 

一夜明けて [baystars]


野球好きの父の影響で、小さい頃から父と一緒に野球を見てきました。
横浜生まれで、父の勤務先も関内で
仕事上、浜スタとも関わりがあったから
大洋の試合もよく観戦に行かせてもらったし、
家族でファン感謝イベントに行って、
母が高木豊さんの直筆サイン入りのグッズを当てたことも覚えています。

浜スタ、山下公園というのは、
ハマっこの私にとって、昔から変わらず横浜のシンボルです。

時が経ち、今の横浜DeNAベイスターズは
また、横浜を盛り上げてくれる
素晴らしいチームになっていると思います。

試合で、泣いたり笑ったり、大興奮したり、
こんなに心を揺さぶられ、試合が楽しみだった日々は久し振りでした。
ベイスターズのおかげです。

チームはもっと、もっと強くなれます。
私たち親子も、選手の皆さんの力に少しでもなれるよう
これからも変わらず応援します。

日本一は、もう夢でも憧れでもありません。
今回、素晴らしい闘いをしたことで、
実力で掴めることが証明されました。

また、チーム、ファン一丸となって
共に闘っていきましょう。

ベイスターズ、本当に、本当にありがとう。



ちなみに、私も息子もベイスターズというチームが好きですが、
息子は特に梶谷さんが好きで、
私は宮﨑さんと砂田さんを特に応援していました。

宮﨑さんは、本当に凄い選手なのに
いつも謙虚で穏やかな印象で大好きです。

砂田さんは、イケメンで取り上げられることが多いようですが、
育成から、ここまできたご本人の努力、
それは並大抵のものではなかったはずで、
野球に対する姿勢の表れだと思うので、
ずっと応援してきました。

中継ぎは先発と違い、
どんなに活躍してもお立ち台に立つとか
ヒーローインタビューを受けることが
ほとんどありません。
でも、私的には、もちろん先発投手の凄さもありますが、
目立たなくてもしっかり仕事する中継ぎの方がヒーロー、
格好いいと思っています。

砂田さんもまだまだ若く、
どんなピッチャー、どんな野球選手にでもなれる可能性があって、
その可能性は、無限大だと思います。

ケガに気を付けながら、長く長く、
プロ野球選手として活躍して欲しいと願っています。



nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | -