So-net無料ブログ作成

核兵器廃絶へ、理想と現実 [etc.]


明確なこと。
核兵器は人類にとっても地球にとっても
恐ろしい殺りく兵器であるということ。
それは、どの国のリーダーもわかっている。

そんなもの、無ければいい。
と、全ての国のリーダーが考えていれば
核兵器廃絶は簡単だ。

現実は、核兵器を保有する国と
保有しない国が存在し、
新たに核兵器開発を進める国がある。

そして、人の考え方や価値観を180度変えさせることは容易ではないということ。

核兵器廃絶への難しさは、
世界中全ての国が核兵器開発をしないと誓い、
保有している国が一つ残らず廃棄しなければならないということ。
一国でも、核兵器を保有する国があれば
真の安全保障は保たれないという現実があります。

日本のすぐ隣には、核兵器保有国があり、日常的にミサイルを発射したり、
領海、領空侵犯を平気で行おうとする国がある。

そういう国に対して、日本はどのように
国の安全を守り、国民の生命を守っていかなければならないか。

核兵器廃絶は、日本だけ、核兵器非保有国だけで進められるものではありません。

核兵器廃絶を訴えるのは簡単だけれど
同時に、世界情勢を知り、
そこにある様々な問題や危機、
日本のすぐ近くに現実にある危機とどのように向き合って、
国の安全を守っていくかも考えなければならないとも思います。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。