So-net無料ブログ作成

DAYS JAPAN 2013.5月号&広河さん小説「帰還の坑道」 [book]

 

DSC05212 10%.jpg 

 

今号のDAYS JAPANは、
第9回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞特別号として、
1位となったゴラン・トマシェヴィッチ氏の
「自由シリア軍の戦い」が表紙になっています。


彼は、受賞コメントの中で、
「20年間、世界の紛争地帯を撮り続けてきたが、
今回のアレッポでの撮影は最も困難かつ危険なものだった。」

と、述べています。

審査員講評で、広河さんは
このコンテストの意味を、
「世界中で起こっている悲劇の重さを競う場所ではない。
目をそらしてはいけないと写真が訴えてくる、
それが写真の力だと思う。」
と仰っていて、
それは、まさに6年前開催された、
横浜国際フォトジャーナリズム・フェスティバルで
私が初めて目の前で写真を見た時に
感じたことでもありました。

過去記事
http://to-sora.blog.so-net.ne.jp/2007-09-09


つい目を背けたくなるような写真の数々。
でも、写真から訴えかけてくる。
目をそらさずに、見てほしいと。
ドラマでもフィクションでもなく現実なのだと。

でも、世界で起きている様々な問題に対して
知ることは大切だけれども、
知ったからといって具体的な行動に移せる人は
実際は、なかなかいないと思います。私自身もそうです。

具体的に何かができなくても、自分の身近にある問題と
世界で起きている問題が全く無関係ではないことは、
世界で起きていることに関心を持って、知ろうとすれば
わかってくるはずです。

写真展に足を運び、実際に写真をご覧頂ければ
一番、いいのですが、時間的、場所的に難しい方は
ぜひ、DAYS JAPANをお手にとって
私たちが生きている今、同じ時に、
何が起きているのかを知ってください。

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2013年 05月号 [雑誌]

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2013年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: デイズジャパン
  • 発売日: 2013/04/20
  • メディア: 雑誌

 

そして、広河さんが今の時代に読んでほしい、
一番思い入れの強い本と仰っている小説「帰還の坑道」は、
一般の書店では販売されないそうです。


5/6までにDAYS JAPANよりお申し込みされると、
広河さんの直筆サイン入り
1500円(税込・送料無料)の割引価格
お求めいただけるそうですので、
この機会に、お申し込みされるとよいかと思います。

私は、まだ読み始めたばかりですが、
現地の匂いや、空気、生々しさを感じる細かい描写は
広河さんだから書き得るのだと思います。
実際に経験した人にしか絶対に書き得ないものです。
一度ならず、何度か読み重ねてみたいと思います。

写真展、トークイベントなども開催されます。
私は明日のアップリンクでのイベントと、
コニカミノルタでの写真展、イベントに伺う予定です。
イベントの情報、お申し込みは
DAYS JAPANのサイトにてご確認ください。

 

DSC05213 12%.jpg

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

本田美奈子.辻友紀子 パステルの絵本『ありがとう』原画展 [book]



辻さんの絵本『ありがとう』の原画展が
水戸の京成百貨店で開催中です。

辻さんの原画を間近で見ることのできる
貴重な機会ですので、
ぜひ、お友達同士、ご家族など
皆様お誘いあわせの上、ご来場ください。

原画展特設ページは こちら

 


会期:平成25年4月18日(木)~23日(火)
   午前10時~午後7時30分
   ※最終日は午後5時閉場

会場:水戸京成百貨店 9Fイベントホール

主催:本田美奈子. 辻友紀子 
パステルの絵本『ありがとう』原画展実行委員会

共催:(認定)特定非営利活動法人
リブ・フォー・ライフ美奈子基金

展覧会に寄せて、
辻さんからのメッセージは、こちら

 

 

〇 車椅子のパステル画家 辻友紀子公式サイト
うさぎのゆきあと

 

 

 

ありがとう (一般書)

ありがとう (一般書)

  • 作者: 本田美奈子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本

 

 


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:

DAYS JAPAN 2013.4月号&NNNドキュメント'13 [book]

 

 

まだ全部をしっかり読めてはいないのですが、
気になった情報があった。

たらちねの事務局長さんである
鈴木薫さんの記事の中で、
いわき市の教育部長が、子どもたちの保養について
「必要ない」と話しているとか。

これがいわき市としての見解なのか、
福島県としての見解なのか、
教育部長個人の見解なのかはわかりませんが、
必要ないという根拠は何なのでしょう。

・・・理解できません。

 

先日、NNNドキュメント'13の
3.11大震災シリーズ
「10年後のボクらは… 震災を生きる高校生たち」を
見ました。

岩手の女子高校生。
宮城の男子高校生。
福島の男子高校生。

彼らは復興を、未来を信じていました。

中学生、高校生というと
自分の将来について具体的に考え始める時期、
進路を決めていかなくてはならない時期です。

彼らは、自分の生まれ育った町に
強い想いを持っていました。
大学進学で地元を一旦離れても、
就職する時は故郷へ戻ってきて
自分の町のために働きたいとか
福島の男の子が暮らす町では
震災前までは、東電で働くことがいいと
されていたそうで、
彼は進学するつもりではなかったのですが、
震災後、教師になりたいと思い、
大学へ進学することを決めました。
自分の母校で教壇に立ちたいと、
本当に未来を信じ、進んでいるのです。

被災した中学生、高校生たち。

彼らは私たち大人が思っている以上に、
自分たちが未来を担っていくのだということを
自覚しているように思います。

そんな彼らの想いを知ると、
「保養は必要ない」という大人や、
情報を隠蔽して嘘ばかりつく人間たちに対し、
やはり怒りを感じずにいられません。

2年経とうとも、今でもあの日を想い
涙を流しつつ、それでも未来を信じて
歩んでいる彼らの気持ちを考えてみてほしい。

そんな子どもたちの気持ちもわからない大人たちに
復興など為せるはずがないと思います。

子どもたちに復興を任せた方が
よっぽどいい街になるような気がします。
冗談ではなくて。

 

 

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2013年 04月号 [雑誌]

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2013年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: デイズジャパン
  • 発売日: 2013/03/19
  • メディア: 雑誌

 

 

◆ NNNドキュメント'13

 


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPS細胞 vs. 素粒子 [book]

 

 

 

DSC04547 11%.jpg

 

 

私が好きな益川先生との対談本ということで
取り寄せました。
山中教授のノーベル賞受賞で、
入荷まで2~3週間かかるとのことでしたが、
予定より早く入荷したとのお知らせが来て、
本日、届いていました。

さくさく読めそうな文庫本なので
今日中に読みたいと思います。
ノーべル賞受賞者同士の対談本で
しかも益川先生だから、面白そう[るんるん]

 

「大発見」の思考法 (文春新書)

「大発見」の思考法 (文春新書)

  • 作者: 山中 伸弥
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/01/19
  • メディア: 新書

 

そして、検索でたまたま見つけた
ある方のブログの記事に載っていた、

益川先生の

「重要なのは何をやるかではなく、
その瞬間に大事と思うことに全力で取り組めるか
ということ。」

というお言葉。

 

何を置いても、今、これが大事!
直感的、瞬間的にそう思ったときの
自分の感覚を大事に、そこは嘘をつかずに、
正直でいるつもりなので、
それでいいんだよって言われているような気がして、
凄く励まされました。

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

更新 [book]

 

DAYS JAPAN定期購読の更新時期がきました。

今まで郵便振替でしたが、
DAYS JAPANが在る限り、購読を続けていくので
自動更新になるように手続きをしました。

10月号も、いち早く届けて頂きましたが、
山下俊一氏の発言記録も、
彼がこれまでどんな発言をしてきたか
このように文字にして形に残すことは、
後々、大事になってくると思います。

 

DAYS JAPANは毎月20日発売ですが、
定期購読ですと、発売日前に届けて頂き、
確実に入手できますので、
定期購読をお勧めします。

 

◆ DAYS JAPAN

 

 

 

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2012年 10月号 [雑誌]

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2012年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: デイズジャパン
  • 発売日: 2012/09/20
  • メディア: 雑誌

 

 

 


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

生きているしあわせ [book]

 

 

 

DSC03653 10%.jpg

 

 

この絵本を読むとき、

きっと、

読む人のその時の状況や心境によっても

いろいろな受け止め方があるのだと思います。

 

私自身、読んでいて、

ちょっと複雑な気持ちになる部分もありました。

それは、私の心の問題で、

決して、絵本の表現の問題ではないですよ。

 

辻さんの絵がやさしい。

そして、生きていられることが しあわせ。

そう思わせてくれます。

お子さんと一緒に、ぜひ読んでいただきたいですし

学校の図書室に、ぜひ置いてほしいです。

 

美奈子さん、もっともっと生きたかったはず。

沢山、やりたいことがあったはず。

 

命、大事にしなくちゃいけないね。

 

 

ありがとう (一般書)

ありがとう (一般書)

  • 作者: 本田美奈子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

絵本「ありがとう」 [book]

 

本田美奈子.さんが病室で書かれた詩に
パステル画家、辻 友紀子さんが
挿絵を担当された、
絵本「ありがとう」が
4月12日(木)発売されるそうです。

LIVE FOR LIFE online shop にて
先行予約を受け付けているそうですので、
美奈子さんのメッセージが
一人でも多くの方に伝わりますよう、
ぜひ、お読みいただければと思います。

 

 

◆ Live for Life 生きるために生きる


◆ パステル画家 辻 友紀子さん 公式ブログ
  うさぎのゆきあと

 

 

 

 

ありがとう (一般書)

ありがとう (一般書)

  • 作者: 本田美奈子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本

 

 




nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

空カフェ [book]

 

BARFOUT!のHPで紹介されていた
散達のMOOK「空カフェ」

あら、うちの屋号と同じじゃないですか。
しかも発売日は私の誕生日。
ご縁、感じちゃいます[るんるん]

散達を読み始めたのは、まだ独身の頃だったから、
もう10年以上前になるかな。
専用ファイル2冊分、今もとってありますが
ここ数年は購入していないんですよね。

「空カフェ」読んでみようかな。

 

 

空カフェ―くつろぎの全102軒 (散歩の達人テーマ版MOOK)

空カフェ―くつろぎの全102軒 (散歩の達人テーマ版MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 交通新聞社
  • 発売日: 2011/09/29
  • メディア: ムック

 

 

 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ: